自由診療というのは?

歯科医療の新しいステージへ

歯の修復(修繕)中心の歯科医療を「時代遅れの歯科医療」と呼びます。先進国では、すでに時代遅れの歯科医療ですが、修繕のための健康保険診療が普及している日本では、今だにこの時代遅れの歯科医療が主流です。ですから何を詰めるか何(保険か自費か)を被せるか?という材料や方法の説明に歯科医師は時間を費やします。

歯が悪くなった根本原因を突き止めないまま修繕治療を繰り返していくうち歯は年々失われていくのです。

 口の健康を守る歯科医療は、予防とメインテナンス(人間ドックと同じデンタルドックや定期検診および徹底した予防は、病気でなくてはかかれない疾病保険である日本の健康保険では、混合診療となるため認められません)が基本となるため健康保険診療では実現できません。あなたにとってより良い歯科医療があるのに、歯科医師が目先の利益と健康保険制度の制約のためにそれを実践しないことは真のプロフェッショナルとして許されないことです。そのため当院では、健康保険制度の制約から離れ、全ての方に最善の歯科医療を提供するため健康保険機関を辞退して自由診療を行っております。

パンキー歯科研究所
パンキー歯科研究所

 

 日本人の口

最近では、8020達成者(80歳で20本の歯のある方)は、寝たきりになりにくいとか、認知症の方が少ないとか、歯科以外の治療費(内科、循環器科、精神科、整形外科など)が低額であるといった報告が出ています。また歯周病菌が心臓病や脳梗塞、誤嚥性肺炎、低体重児の原因になっているとも云われています。このようにお口の健康は、全身の健康と深く結びついています。

では、日本人のお口の健康度はいかがでしょうか?北欧諸国やアメリカ人のように整った歯並びや真っ白く輝くような歯が並んでいるのでしょうか?歯が抜けたままの状態や奥歯に銀歯の詰め物はないでしょうか?

 

日本のような国民皆保険制度のないアメリカでは子供の時から成人になっても年に数回、歯科医院に定期健診(メインテナンス)に行くことが当たり前になっています。

民間医療保険しか持っていないほとんどのアメリカ人の方が、いつでも誰でもどこでも良質の医療が受けられる国民皆保険制度の充実している日本よりもむし歯や歯周病が少ないことは、皮肉なことです。

Copyright @ 2012 kanekoshikaiin All Rights Reserved.