インプラント治療

インプラント治療とは、むし歯や歯周病などで歯を失った所に外科手術によって顎骨にフィクスチャーと呼ばれるチタン合金を埋め込み、数ヶ月後、骨と一体化した時にその上に被せ物をして歯の代わりをする人工臓器です。

義歯では自分の歯のように噛めない、健康な歯を削りたくないなどの希望のある患者様にインプラント治療を行うとその後、快適な食生活を送ることが出来ます。しかしながらマスコミで指摘されているように一部のインプラント患者様に術中、術後の問題が生じていることも事実です。

人工臓器であるインプラントは心臓のペースメーカーや人工股関節と同じように生体にとっては異物です。その為耐用年数や免疫による拒絶反応も起こりえます。その上体内に完全に埋め込む人工股関節などと異なり、一部分口腔という外部環境と交通しているため、細菌感染の恐れもあります。

当院では、積極的にインプラント治療をお勧めすることはありません。なぜならばあなたの歯は質の高い治療と適切な予防で守ることができるからです。歯は老化では失われません。不十分な歯科治療によって残念ながら失われるのです。

もしあなたがインプラント治療が必要になった場合、あなたの歯がなぜ失われていったのか、しっかり考えなくてはなりません。

インプラント治療の流れ

 

   

インプラント治療の大きな目的はお口の機能回復にあります。ですから治療前にあなたの噛み合わせの状態をよく調べる必要があります。当院ではこのような問題をデンタルドック、予防プログラム、健康治療を通じて全てクリアしたうえでインプラント治療に入りますので安心して治療を受けていただきます。なお外科治療のみ設備、人材の整った大学病院インプラント科にご紹介しその後の被せ物やメインテナンスは当院が行うという専門医制度を採用しております。

Copyright @ 2012 kanekoshikaiin All Rights Reserved.