小児治療

小児治療とは?

小児治療とは?

ご存知ですか?むし歯は必ず予防できるということを。大切なお子様の歯は、生えてから1~3年間のケアをかかせないことが大切です。この時期に徹底したケアをすることで生涯むし歯になりにくい歯質、生活習慣ができます。これは、乳歯も永久歯も同じです。生涯にわたる口腔環境を守るために、この時期に何をすべきか正しい知識を得ることが大切です。

当院では、恐怖心のあるお子様にいきなり歯を削ったり治療することはありません。「言って、示して、その後予行練習をします」そのようにして少しづづ慣れさせていきます。

 

定期健診

定期的に歯をチェックすることによってむし歯、歯肉炎を予防することができます。またむし歯、歯肉炎が発見されても、早期に治療することができます。

当院では予防歯科に力を入れており、1ケ月から6ケ月の間隔で必要に応じた定期健診を行っております。

フッ化物の活用

フッ化物はむし歯の予防に大きく役立ちます。フッ化物のうがい、塗布、歯磨剤などを応用することにより歯のカルシウムとフッ素が結合し、むし歯に強い歯質になります。

シーラント

生えたての奥歯の溝は細く深いので歯ブラシが届きません。また歯質もそれほど成熟していません。そのため汚れがたまってむし歯になりやすいです。シーラントは、奥歯の溝の部分に歯を削らずにプラスチックを流し込むことでむし歯になりぬくくする治療法です。

食生活相談

小児のむし歯は、生活習慣である、食と密接に結びついています。当院では、お子様の食生活アンケートを分析して、むし歯になりにくい食生活になるように食育指導士がアドバイスいたします

Copyright @ 2012 kanekoshikaiin All Rights Reserved.